第36回例会コンサート

マズルカの踊りをご一緒に

mazurka

6月9日(土) 午後3時

アフロディーテの家

一般:2,000円 /会員:1,000円(要予約)

ハシケンミンこと橋本舞踊研究会代表の内堀嘉満さんとポーランド語翻訳家足達和子さんをお招きして、本物のポーランド舞踊を間近で見て、感じ、ご一緒に踊ってみませんか?

足達和子さんがお持ちのポーランド民族衣装も何着かお持ちいただきます。

ショパンのマズルカもピアノ演奏とともに踊っていただき、ショパンマズルカも民族音楽であることを実感していただきます。

汗をかいた後はポーランドビールで乾杯!!

お待ちしております。

カテゴリー: コンサート情報 | 第36回例会コンサート はコメントを受け付けていません。

カジミエシュ・ギェルジョド教授 ご冥福をお祈りいたします

2018年4月1日午後11時急逝された長野支部名誉顧問、カジミエシュ・ギェルジョド教授。敬虔なクリスチャンであった教授はまさに復活祭の日、天に召されました。

ご冥福をお祈りいたします。

P1430096

カテゴリー: コンサート情報 | カジミエシュ・ギェルジョド教授 ご冥福をお祈りいたします はコメントを受け付けていません。

第35回例会コンサート ご来場ありがとうございました

3月21日 春分の日、各地では1日雪になる所も多く、長野は朝から冷たい雨が降っていましたが、雨も上がり、たくさんの方が足を運んでくださいました。心より御礼申し上げます。

ショパン協会長野支部では、年に3回の定例コンサートに加えて、今年は例会コンサートとして、春の訪れと共に開催させていただきました。ご来場のみなさま、お楽しみいただけましたでしょうか。

image

アフロディーテにようこそ

image

奥村美佳さんの解説のもと、お茶とケーキをいただきながら、和やかなサロンコンサートが進められました。

ベートーヴェンのトルコマーチを6手連弾で、始まりはじまり〜

image

今回のゲスト、ポーランドに留学され、東京でご活躍中の星野真理さん。ショパンのマズルカとパデレフスキのクヤコーヴィアクの演奏。ポーランドの薫りを届けてくれました。image

 

そして長野市でご活躍中のゲスト、チェリスト小島さんと伴奏中村さんによる「序奏と華麗なるポロネーズ」チェロとピアノの魅力が十分に詰まったショパンの作品。迫力のある演奏を間近でお楽しみいただきました。

image

 

4手、6手連弾、ポーランド作曲家によるピアノ作品、そしてチェロの演奏と盛り沢山でお送りして参りました。音楽を通して、皆様と心温まるひとときを過ごすことができましたこと、心より感謝申しげます

次回は6月、お会いできますのを楽しみに、お待ちしております。

 

 

カテゴリー: コンサート情報 | 第35回例会コンサート ご来場ありがとうございました はコメントを受け付けていません。

第35回定例コンサートのご案内 〜ポーランドに魅せられて〜

2018年3月21日(祝)午後2時 アフロディーテの家

毎年秋の蓼科野外音楽堂ホールの定例コンサートでご好評いただいている4手、6手連弾を今回アフロディーテの家でご紹介いたします

スペシャルゲストに、長野で大活躍中のチェリスト小島遼子さん、伴奏に中村ひろ子さんをお迎えします。そして佐久市出身東京でご活躍の星野真里さんもご出演。メロディアメンバー、齋藤寧子さん、木内愛菜さん、そして今回大工原さやかさんの代役として奥村美佳さんがご出演くださいます

春のうららかな陽気、音楽と共にごゆっくりとお過ごしくださいませ。

 

演奏曲目:ピアノソロ  華麗なる変奏曲(ショパン)、クラコーヴィアク(パデレフスキ)、

チェロ   「序奏と華麗なるポロネーズ」(ショパン)

連弾「猫シリーズ」(ポーランド現代作曲家)、子犬のワルツ(ショパン)

入場料:会員500円 一般 1000円 要予約

ご予約・お問合わせ:  0262326032   ショパン協会長野支部

image

小島遼子(チェロ)

長野市出身。柳町中学校室内楽部にてチェロを始める。
国立音楽大学演奏学科チェロ専攻卒業。洗足学園音楽大学大学院研究科修了。
チェロを宮澤等、北沢加奈子、藤森亮一、北本秀樹の各氏に師事。
オーケストラensemble NOVA、須坂メセナホールオーケストラに所属。
八十二文化財団ロビーコンサート、松代文化ホールワンコインコンサート、信濃毎日新聞社ロビーコンサートに出演。
2011年、2013年にコンチェルトのソリストとしてオーケストラensemble NOVAと共演。
2014年に須坂メセナホールオーケストラにてブルッフの「コル・ニドライ」を共演。
2015年に長野市交響楽団にてエルガーのチェロコンチェルトを共演。
2017年に長野と東京にてソロリサイタルを開催。
2018年に長野高校管弦楽班とハイドンのチェロコンチェルト第1番を共演。
現在、長野県内を中心にフリー奏者としてソロ、室内楽、オーケストラなどの活動を行っているほか、後進の指導にも当たる。

中村 ひろ子(ピアノ)
長野市出身。4歳よりピアノを始める。東邦音楽大学ピアノ専攻卒業、卒業者代表演奏会、長野県新人演奏会に出演。その後も定期的にウィーンのマスタークラスにて研鑽を積む。板橋区文化会館、練馬区文化センター、市川市文化会館の各オーディション合格。様々な楽器とのコラボレーションやジャンルを問わないスタイルとアレンジを手がけた演奏活動・企画・プロデュース(音楽事務所“N-ステージ”)を行う他、尚美学園管楽器伴奏助手、ピアノ教室主宰と後進の指導にも力を入れている。

  星野 真里     木内 愛菜     齋藤 寧子    奥村 美佳

imageimage image image

20161204チラシ裏web

カテゴリー: コンサート情報 | 第35回定例コンサートのご案内 〜ポーランドに魅せられて〜 はコメントを受け付けていません。

第34回定例コンサート ご来場ありがとうございました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

坂田朋優招聘コンサート 〜ショパンの軌跡を奥村美佳とともに〜

今年もご来場ありがとうございました。

坂田さんは以前もアフロディーテや東信地区でのリサイタル開催で

北海道よりお越しいただき、以来3年振りとなりました。大勢の方がこの日を楽しみにしていらっしゃったことでしょう。

今回はショパンの作品38から41まで、そしてポーランドの珍しい作曲家の演奏を披露してくださいました。特にバラード第2番、スケルツォ第3番は、ショパンの心の叫びが聞こえてくるような気迫のある演奏に会場が引き込まれました。

 

image

 

image

演奏後はポーランド料理を囲んでみなさまと和やかなひとときを過ごすことができました。

足を運んでくださったみなさま、日頃温かいご支援をくださっているみなさまへ心からの感謝をこめまして御礼申し上げます。

坂田朋優さん素晴らしい演奏をありがとうございました。

 

 

カテゴリー: コンサート情報 | 第34回定例コンサート ご来場ありがとうございました はコメントを受け付けていません。

ショパンの軌跡を奥村美佳とともに 第34回定例コンサートのご案内

ショパンの軌跡を奥村美佳とともに

12月3日(日)午後2時

アフロディーテの家

一般2,000円 / 会員 無料

image

⁂⁂⁂⁂⁂

今年は3年振りに、坂田朋優さんをお招きします。

演奏曲目は作品38から、バラード2番、スケルツォ3番など。

ぜひお出かけくださいませ。

 

お問い合わせ: 日本ショパン協会長野支部

アフロディーテの家 026-232-6032

 

カテゴリー: コンサート情報 | ショパンの軌跡を奥村美佳とともに 第34回定例コンサートのご案内 はコメントを受け付けていません。

第33回定例コンサート Melodia〜メロディアvol.3のご案内

image

会場へのアクセス https://www.mapion.co.jp/m2/36.12956992,138.26808508,16/poi=ZL0001666849

 

蓼科の秋、美しい景色を眺めながら 演奏をお楽しみください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

カテゴリー: コンサート情報 | 第33回定例コンサート Melodia〜メロディアvol.3のご案内 はコメントを受け付けていません。

第32回招聘コンサート ご報告と御礼。ご来場ありがとうございました。


image
image2017年6月24日 梅雨晴れの明るい夏空の下、本場ショパンの風を私達に届けるため、遥々ポーランドより我がショパン協会長野支部名誉顧問のカジミエシュ・ギェルジョド教授が来日されました。今回はショパンが生涯に渡って書き続けたマズルカについて、ポーランドの貴重なマズルカの映像の上映、そして教授の演奏を交えて、分かりやすく解説していただきました。お話は、なぜショパンはマズルカを知ったのかという点から始まり、マズルカの特徴について非常に深い部分にまで触れ、会場のみなさまもメモを取ったり熱心に耳を傾けていらっしゃいました。マズルカについて語る教授の熱い思いが伝わり、ショパンを語る上で、マズルカはなくてはならない存在なのだということを改めて実感させられます。そして、何と言っても、どこまでも深く、心に染み渡る美しい一音一音に会場が魅了されました。

終演後の屋上での懇親パーティーでは、種類豊富な飲み物と美味しいお食事が一層幸せな雰囲気を盛り立て、お話はいつまでも尽きることがありませんでした。教授は終始笑顔で一人ずつのお話に丁寧に耳を傾けている姿が印象的でした。

また教授をお迎えできることを心から願って。次回のコンサートもご期待ください。ありがとうございました。

DSC_0672

DSC_0672

カテゴリー: コンサート情報 | コメントする

第32回定例コンサート

ギェルプロマイド1

カジミエシュ・ギェルジョド教授 来日

マズルカのお話しと上映

教授の演奏をまじえて

2017年6月24日(土) 午後3時

アフロディーテの家

026-232-6032

一般2,500円/会員2,000円 要予約

ショパン協会会長であられるカジミエシュ・ギェルジョド教授。

特別に来日され、マズルカについてお話しをくださいます。

会の後は教授を囲んでスペシャルなひと時を。

 

カテゴリー: コンサート情報 | コメントする

第31回定例 招聘コンサート ご来場ありがとうございました

システムの不具合により、コンサートのお知らせが一時期削除されてしまいましたこと、お詫び申し上げます。

ロシア人ピアニスト、ミハイル・カンディンスキーさんを迎えまして、第31回定例招聘コンサート、大勢のお客様にご来場いただき誠にありがとうございました。

ショパンの作品群順にお送りしておりますこのコンサート、今回も素晴らしい演奏はもちろん、カンディンスキーさんが奏でる素敵な音色に特別なひと時を皆さまと共有することができました。

演奏後は手作りのポーランド料理をお楽しみいただきながら、カンディンスキーさんの優しいお人柄に触れることができました。image

 

カテゴリー: コンサート情報 | 第31回定例 招聘コンサート ご来場ありがとうございました はコメントを受け付けていません。