第46回定例コンサートのお知らせ

「ニッケルハルパ 」の調べ

第46回定例コンサートは、北欧の国スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」の調べをお送りいたします。みなさまどうぞ、お楽しみに。ご来場を心よりお待ちしております。

**********

5月15日(日)午後2時開演

会場:アフロディーテの家

出演:関崎 奈都子(ニッケルハルパ)

下田 加奈子(ヴァイオリン)小島 遼子(チェロ)中村 ひろ子(ピアノ)

料金:会員500円 一般1,000円

先着30名様(完全予約制) 

ご予約はお電話(026-232-6032)にてお申し込みください。

カテゴリー: コンサート情報 | 第46回定例コンサートのお知らせ はコメントを受け付けていません

ショパンの風より「簡単なポーランド語会話第4弾 」クイズの解答

ショパン協会長野支部会員の皆様にお送りしている会報「ショパンの風」№.44では、簡単なポーランド語会話第4弾のコラムでこれまでの復習クイズを掲載させていただきました。

こちらに解答を掲載させていただきます。ご覧くださいませ♪ 

カテゴリー: コンサート情報 | ショパンの風より「簡単なポーランド語会話第4弾 」クイズの解答 はコメントを受け付けていません

2022年を迎えて

A3B8E1E2-E7E9-4C84-9A19-B8230854F1692022年、年が変わりcovit-19も落ち着くかと
思いきや、オミクロン株の存在に悩まされ
皆さまを案じております。 感染力が高いこともあり感染を心配される方の気苦労
お察しいたします。無念にも感染してしまわれた方、
一日も早いご回復お祈り申し上げます。

音楽は心の中の自然をみつめること

美しく 清らかな

その静けさを聴く

静けさの中に 音を聴く

終息までにはもう少しの辛抱が必要なのでしょう。 それまで、心乱されることなく、皆さまと再び歓びを分かち合う日を 心待ちにしております。

末筆になりましたが会員の皆さまの温かいご支援を心より感謝致して…。

カテゴリー: コンサート情報 | 2022年を迎えて はコメントを受け付けていません

ご来場ありがとうございました

DSC_0254

12月5日(日) 第45回定例コンサート ショパンの軌跡を奥村美佳とともに

ご来場誠にありがとうございました。2年ぶりの12月サロン、皆様とぐっと心繋がれたようなひとときでした。

今回のプログラムは作品51から、ノクターン、スケルッォ、バラード第4番、英雄のポロネーズまでショパンの絶頂期の作品を、美しいピアノの音色と情熱のこもったショパンの世界へと誘う素晴らしい演奏でみなさまを魅了しました。

昨年度は行えなかったコンサートですが、今年度は、開催していきたいという気持ちを一つに、準備を進めて参りました。今までとは少し違った形とはなりましたが、これまでずっと温かいご支援をいただいてきたみなさまのお陰で、無事開催することができ、生の音楽を通して、普段味わうことのできない感動をみなさまと共有できたこと心より感謝申し上げます。

今年は直接お会いして、みなさまのたくさんの笑顔を見れたこと、幸せな年となりました。来年はさらなる笑顔いっぱいの年となりますように。

 

来年度は7月17日(日)長野市芸術館にて、奥村美佳ピアノリサイタルを開催いたします。どうぞ皆様お楽しみに。(来年度のコンサートスケジュールは随事お知らせさせていたます。)

いつもありがとうございます!

 

 

カテゴリー: コンサート情報 | ご来場ありがとうございました はコメントを受け付けていません

第45回定例コンサート ごあんない

ショパンの軌跡を奥村美佳とともに

12月5日(日)午後2時より

アフロディーテの家にて

DSC_0169

日頃の感謝を込めて会員の皆様無料の12月サロン 今年は開催いたします。

なお、定員に限りがございますので、ご希望の方はお電話又はメールにてお問い合わせください。

お問い合わせ:026-232-6032

メール:welcome@chopin-assoc.com

~プロフラム~

作品51から

ノクターン 即興曲第3番 スケルッォ第4番 英雄ポロネーズ

皆様とお会いできることを、楽しみにお待ちしております。

 

 

カテゴリー: コンサート情報 | 第45回定例コンサート ごあんない はコメントを受け付けていません

メロディアvol.6  ご来場ありがとうございました

メロディア vol.6 コンサート
音楽のチカラ ─希望の光─ コンサートレポート*******************************************
2年前に5年目を迎えた節目として2台ピアノでのコンサートを華やかに開催し、新たな一歩を踏み出したメロディアのコンサート♫冷え込みが一気に厳しくなり、山々もうっすら雪化粧し始めた10月24日に信州国際音楽村のホールこだまにて開催致しました。前日の寒い悪天候から一転、最高に気持ちの良いお天気に恵まれて午前の部、午後の部とも会場には時間より早くから絶景を楽しむお客様の姿が見られました。演奏会は開催への感謝の気持ちを届ける挨拶から始まり、ショパン、リスト、ドビュッシー、などロマン派、近現代の作曲家のピアノ名曲が並びました。
ゲストにはファゴット奏者の小林信子さんをお招きし、なかなか聴く機会が少ないファゴット・ソロの演奏も聴かせていただけるという大変貴重なプログラムとなりました。
オープニングはショパンのワルツの中でも耳馴染みの「華麗なる大円舞曲」。齋藤寧子さんの演奏で会場を華やかに彩ります。ワルツのリズムに乗って優雅に場面展開がされていきました。

saitousann
2曲目は同じ調性でも対照的なノクターンop.55-2を木内愛菜さんが演奏しました。このノクターンはショパンの晩年に近い作品で、中間部のもの憂いからショパンの思いがひしひしと伝わり、ショパンの昇華される音楽の世界が会場を包みました。

aina
続いての大工原さやかさんの演奏は、フランスの作曲家のセヴラックの作品から「公園のロンド」「ショパンの泉」。
セヴラックはあまり知られなていない作曲家ですが、自ら「田舎の作曲家」と呼んでいたようにパリの都会生活に馴染めず田舎で穏やかな田園生活を送りながら作曲をしていたそうです。
その音楽は実に素朴ですが、音で描いた田園風景のようでくつろぎや安らぎを与えてくれます。会場からの景色と雰囲気にぴったりとマッチしていました。

sayalka
そして、セヴラックの音楽を「とても素敵な大地の香りがする」と評していたドビュッシーの「月の光」、リストの「ラ·カンパネラ」と名曲を木内愛菜さんが続けて演奏しました。「月の光」は「感傷的な散歩」というもう1つのタイトルがあることはあまり知られなていないかもしれません…静寂の中に美しく重なるハーモニーにうっとりさせられました。
続く超絶技巧の名曲「ラ・カンパネラ」は、会場に鐘の音が響き渡りました。
ピアノソロの最後の曲は大工原さやかさんの演で、ショパンのバラード第2番でした。この曲の最大の魅力である、冒頭の優しい牧歌的な部分と、突如として現れる嵐のような激しさの対比がドラマティックに表現されました。

fagotto
プログラムの最後は、小林信子さんによるファゴット・ソロで、サン=サーンスが最晩年の86歳の時に作曲したファゴット・ソナタでした。
コミカルなシーンでも活躍される事の多いファゴットですが、なかなかソロでの演奏を聴ける機会が少ない楽器でもあります。
小林さんが、ファゴットについてのお話をわかりやすくしてくださいました。
ベートーヴェンが「天からの声」とも表現した柔らかくて、渋みと温もりに溢れた独特な音色。
優美でお洒落なメロディと、洗練されたハーモニーの中で齋藤寧子さんのビアノとの対話が心地よく奏でられました。アンコールはファゴットとピアノ演奏による「ロンドンデリーの歌」。ノスタルジックな雰囲気に心が落ち着くひとときとなりました。

感染対策にご協力いただき無事に開催できました事に、心より御礼申し上げます。

(ショパン協会長野支部 理事 小井土愛美)

カテゴリー: コンサート情報 | メロディアvol.6  ご来場ありがとうございました はコメントを受け付けていません

秋のコンサートのごあんない メロディアvol.6

紅葉の美しい季節になりました。いよいよ今週末、定例となりましたメロディアのコンサートを開催させていただきます。ファゴット奏者の小林信子さんをゲストに迎えて、低音域の柔らかな音色、ピアノの様々な音色をごゆっくりお楽しみください。

みなさまとお会いできますのを心よりお待ちしております。

2744B83F-EFEB-4ECC-88F7-16DB0FCFF7EC

カテゴリー: コンサート情報 | 秋のコンサートのごあんない メロディアvol.6 はコメントを受け付けていません

CDのごあんない

先月の定例コンサートにて、みなさまよりたくさんのお問い合わせをいただきました、東誠三さんのCDのご案内をさせていただきます。
お求めの際は、日本ショパン協会長野支部アフロディーテ026-232-6032
または、こちらのWebサイトよりお問い合わせください。
IMG_1144 べートーう゛ぇん2IMG_1145 3IMG_1146 4IMG_1147 5
IMG_1148 6 IMG_1149 (1) 7 IMG_1150 8 IMG_1151 9
IMG_1152 10
ベートーヴェン 悲愴、告別、&シューベルト 即興曲集Op.90
IMG_1153 リスト
リスト 狩(パガニーニ大練習曲)、忘れられたワルツ第1番、コンソレーション第3番、泉のほとりで(巡礼の年第1年スイスより)、バラード第2番、婚礼(巡礼の年第2年イタリアより)、ラ・カンパネッラ、ペトラルカのソネット第104番(巡礼の年第2年イタリアより)、ハンガリー狂詩曲第2番(ホロヴィッツ編)、愛の夢第3番
IMG_1154 chero
 チェロ  白鳥(サンサンス)、夢の後に(フォーレ)、月の光(ドビュッシー)、祈り(ブロッホ)、鳥の歌(カタロニア民謡)、さくらさくら(平井光三郎編)、無言歌(メンデルスゾーン)、エチュード(スクリャービン)、我が母のおしえたまいし歌(ドヴォルジャーク)、エレジー(フォーレ)、アダージョトアレグロ(シューマン)、序奏と華麗なポロネーズ(ショパン)
カテゴリー: コンサート情報 | CDのごあんない はコメントを受け付けていません

ごあんない

先月の定例コンサートで素晴らしい演奏をご披露いただきました、ピアニストの東誠三さんがご出演されるコンサートのご案内です。7月31日土曜日、まつもと市民芸術館にて17時開演です。ぜひお出かけください。

コンサートちらし

*****************************************************************

そしてショパン協会長野支部の会員のお仲間のみなさまのごあんないです。星野恵美子さん 水彩画・アクリル画展が来月8月5日~9月5日まで小川村郷土歴史館にて開催されます。こちらもどうぞお出かけください。image0 (1) 星野えみこさんimage1 (1)

カテゴリー: コンサート情報 | ごあんない はコメントを受け付けていません

ご来場ありがとうございました

この度7月4日、ピアニスト東誠三さんをお招きして、久しぶりの定例コンサートを開催させていただきました。

足を運んでくださったみなさまに心より御礼申し上げます。
02FD115B-2DEA-4566-9D5E-4B7A1FDB3C56

オープニングは、ラフマニノフの「鐘」

前半はラフマニノフの魅惑的な世界へと誘われます。

FD744B18-AF13-4C92-9577-777C50A078B2後半はショパンの作品より。甘美なメロディーを目を閉じてじっくりと味わってみるとなんとも幸せな気持ちになります。

2F86CC6B-E0C5-4B0B-B37C-33909962BD1E途中に解説も交えて、分かりやすくお話してくださいました。東さんの優しいお人柄に会場も和みました。

素晴らしい演奏に大変感動しました。ありがとうございました!

ご来場いただきましたみなさまと音楽を通して直接心を交わすことができたことは何よりも嬉しかったです。

これからもこのような時間を大切にして、喜んでいただけるよう工夫を凝らしながら継続して参ります。またお会いできるのを楽しみにお待ちしております。

次回の定例コンサートは10月の予定となります。

改めてご案内させていただきます。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: コンサート情報 | ご来場ありがとうございました はコメントを受け付けていません